ガネーシャをプレゼントするならココ!

目が肥えてしまったのか、前作ほどの面白みは感じませんでした。夢をかなえるゾウの大きな反響から、だいぶ時間が立ったような気がしいますが、待望の第2巻です。作者も色々な参考文献を使用しているので大変な努力があったんだな・・・と感じさせられました。

下記の商品です!

2017年11月08日 ランキング上位商品↑

ガネーシャ夢をかなえるゾウ(2) ガネーシャと貧乏神 [ 水野敬也 ]

詳しくはこちら b y 楽 天

軽くさっと読めました。第二弾楽しみにしていたのでよかったです文句なしのシリーズ第2弾です。また!古田新太ガネーシャを観たいなぁ〜という気にさせられました。。お勧めです。久々に出してくれて本当にありがとう敬也さん♪って言う感じです。1を持っているので2も買って見ました♪面白かったです。貧乏神の幸子さんが言うから説得力があったのかも。前作の衝撃(笑劇?)が大きかった為期待していました。物語としても楽しめました。教えの内容もさることながら、物語として素晴らしいです。 が!ガネーシャのテンションは相変わらず!か!やや上がり気味です。多分ガネーシャ+釈迦コンビは前作の方が面白いです(笑)前作はとても新鮮で面白かった。1を読んだ事があるなら、ぜひ2も読むべきです。もし2だけ読まれた方がいたら、ぜひ前作も読んで欲しいです。今回は、ガネーシャの教えと言うより、貧乏神の幸子さんの教えと言うか、内助の功が際立っていましたね。」と思って感動することがしばしば。全部で5ヶ所ありましたが、すべて幸子さん絡みでした。それでもガネーシャだけじゃなくいろいろな神が出てくるのが楽しめました(内容に触れてしまうので!あまりカキコ出来ません。)読み終わったら!本すきな息子にも回し読みさせますが!中学生でも読める内容です。普段はあまりやらないのですが、その名言でページの端を折ったほどです。特に貧乏神の幸子さん。若い人にこそ読んで欲しい本です。まだ読んでいる途中ですが・・・前作の方が面白かったような気がします。本当にお勧めです。今回もガネーシャやってくれています。思ったよりが大きく2時間ほどで読み終わりました。電車の中では笑っちゃいすぎて、ちょっと読むのに困りましたが、読み出すと止まれません。あのガネーシャにそんな事思いたくないですが!やはり深い。いいキャラですねえ。個人的には今回の方が面白かった(^O^)/ とにかくハチャメチャではありますが!古田新太さんのTVガネーシャにいつ会えるのか楽しみでもあります。前作に引き続き、大阪弁の神様の登場です。でも!他でいろいろな知識を得ていたり!自分の体験を振り返ったりしていると!「そうなんだよ。前作もそうですが、自分の生き方を振り返るそんな本だと思います。たしかに、前作よりもパワーアップしています。前回は教訓(今回もですが)がやけに強調されていて!そういう読み物なのだな!と感じましたが!今回はもっと面白おかしい小説的読み物に仕上がっていると思います。衝撃度は格段違います。今回の物は!非常に勉強になります。自己啓発にはまった1冊目と同様、いい自己啓発になります。これだよ。前作にはいないキャラクターも登場しまた楽しんで読ませてもらいました。年末31日届いてから今までまだ忙しくてまだ読んでいませんが、楽しみな一冊です。幸せ指南の本は苦手なのですが!「こうしたら幸せになれる!」ではなく「貧乏神はこういう人が好き」と言う伝え方が押し付けがましくなくて良かったです。最後のまとめに出てこない名言もあり!気づいた人が少ないかも。実に深遠なことをピンポイントでさり気なく話しています。前作は夢を叶える=ビジネスで成功するを焦点にした内容だったのに対し、今作は幸せになるには?を考えさせてくれる内容でした。それでも、深いぃ話が凝縮されています。非常に読みやすく!一気に読んでしまいました。個人的には「ガネーシャ貧乏」が一番納得しました(笑)前作の彼もちょっと登場。でも!3になると!こける事があるのといいます。夢をかなえるゾウの1作目がとても面白かったので!続編を見つけて迷わず買いました。新聞広告を見て迷わず注文しました。涙が零れ落ちそうになる場面もあったり、ためになる文章が多いです。本当に面白いし!為になる。惚れました。また泣きそうになってしまいましたよ。貧乏神の幸子さんをはじめ釈迦やガネーシャの言葉!活躍ぶりには感動します。